つまりの直し方

一度、トイレのつまりが起きてしまえば、それを直すのに業者を呼ぶ必要が出てきます。しかし、中には軽いつまりのためセルフでつまりを直すことが出来ることもあります。つまりの状態がどの程度かによっても変わりますが、たいていのつまりは自分の手で直すことが出来ます。つまりが複雑な形で起きている場合は、業者によってその原因を調べてもらい、トイレをはずしたり専用の薬剤で解消を試みることが必要になります。

直すのに必要となる手段はいろいろと紹介されてはいますが、最も実践的なのは流す水の量だといえます。トイレの節水を考えるあまり、一日に流す水の量と流した内容物の量がつりあわないことがあります。定期的に水を流して詰まる原因を取り除いてやるのもつまりの予防には必要であり、それが解決策としても有効です。その中には、水ではなく、お湯を流す方法もあります。洗浄剤の錠剤タイプを利用して内部から付着した汚れを排除してつまりを解消するものもあります。

方法はケースバイケースであり、どれを使うかは順に試していくことが必要です。特にセルフでの解消を目指す際には、直接便器の中からつまりの原因を取り除くという手順も含めて試していくことが遠回りのようで一番近道となる方法なのです。